転職お祝い金

転職お祝い金って何?いつ貰えるの?

看護師が転職活動をする時、多くの看護師の皆さんは、看護師の求人サービスを利用しています。

 

そして、看護師の求人サイトによっては、転職お祝い金という制度があります。

 

これは、看護師の転職が決まって、一定期間が決まった後に、看護師に支払われるお金です。

 

この転職お祝い金の金額は、求人サイトによって大幅に異なります。

 

高額なところは30万円、5万円や10万円など、全くお祝い金の制度はない求人サイトもあります。

 

お祝い金の支払われ方なんですが、転職が決まって、すぐに貰える訳ではありません。

 

お祝い金を貰って、すぐに退職してしまう、というケースもある為、何回かに分けて、分割で支払われます。

 

そして、看護師の見込みの年収に対して、お祝い金の金額が増減する為、基本的に、常勤看護師が対象になります。

 

各求人サイトにより、支払方法や、金額が異なるので、事前に確認する事が大切です。

 

お祝い金が全くないサイトがほとんどだと考えると、毎月、ボーナスのようにお祝い金を貰う事ができるのは、とても嬉しい事です。

 

実際、転職するのであれば、転職お祝い金制度がある看護師求人サービスを利用したい、と言う方はとても多いんです。

 

サイトによって異なりますので、事前に確認する事をおススメします。

看護師の定数7:1の病院でも、患者さんの重症度や高度な医療を行っている病院では看護師の業務負担はそれほど変わりません・・・。それより看護助手やヘルパーを沢山増やしてほしい!!

看護師の配置基準は、7:1、10:1、13:1などがありますが、急性期の病院では7:1の配置基準を取っているところがほとんどですよね。

 

これは、7:1の配置基準をとることで、診療報酬が高くなるからなんです(´・Д・)」

 

患者さん7名に対して、看護師が1名。
13:1に比べ、はるかに看護師の配置が多く、一見看護師の負担がかなり軽くなり、患者さんへの看護も手厚くなりそうですよねd(^_^o)

 

この配置は、病棟の看護師が対象になるのですが、実際に看護師を多く確保することで、人件費がアップしてしまうと、診療報酬が高くなっても、病院にとって利益が上がりません( ;´Д`)

 

そのため、病棟看護師として配置しながら、外来と病棟勤務を兼務にして人件費を抑えている病院もあります。

 

そういった病院では、病棟看護師一人当たりの業務負担が逆に大きくなってしまいますね( ;´Д`)

 

また、重症度の高い患者さんや、高度な医療を行っている病院では、看護師の仕事もハードになり、肉体的な負担や、精神的な負担が増えますね。

 

7:1の配置基準をしっかり満たしている病院でも、ギリギリの人数であれば、急な欠員が出ると配置基準をキープすることができなくなります(;´Д`A

 

そうなると、職場では1名の欠員も出したくないということになります。

 

そうなると、看護師は休暇や、産休が取りづらくなりますね。
結局は、看護師の負担が増えてしまうわけです( ;´Д`)

 

それよりなら、看護助手やヘルパーを沢山増やして欲しいですよね。

 

病棟での雑務やオムツ交換、入浴介助、食事介助といった業務は看護師でなくてもできますよね。

 

看護師の雑務を減らし、看護業務に専念できる環境を作るような体制を作ってもらった方が、よほど患者さんにとっても看護師にとってもメリットがありますよね(´・Д・)」